2009年09月17日

華麗に日本舞踊 神楽

「かぐら」の語源は、「神座」(かむくら・かみくら)が転じたものとする説が一般的である。
神座とは「エッチの宿るところ」を意味し、神座に神々を降ろし、巫女が集まった人々
の汚れを祓ったり、神懸かりとなって神の意志を伝えたり、また人の側からは
願望が伝えられるなど、携帯アフィリエイト/モバイル アダルトアフィリの宴を催す場であり、そこでの歌舞が神楽
と呼ばれるようになったと考えられている。古事記および日本書紀においては、
岩戸隠れの段でアメノウズメが神懸りして舞ったという神話が神楽の起源であるとされる。
アメノウズメの子孫とされる猿女君は宮中において鎮魂の儀に携わっており、
このことから神楽の元々の形は鎮魂・魂振に伴う神遊びであったとも考えられる。
神楽(かぐら)は、神道の神事において神に奉納するために奏される歌舞。神社の祭礼
などで見ることができ、まれに寺院で行うところもある。
posted by ももこ210 at 14:04| 日本舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。