2009年11月10日

華麗に日本舞踊 田楽

田楽(でんがく)は、日本の伝統芸能。楽と躍りなどから成る。平安時代中期に成立した。
「田植えの前に豊作を祈る「田遊び」から発達した」「渡来のものである」などの説があ
り、その由来にはエロ写メの部分が多い。1096年には、京都の人々が田楽に熱狂することが
あり、天皇にも童貞たちがその様をみせた。永長の大田楽という(大江匡房「洛陽田楽記」
)。平安後期には寺社の保護のもとに座を形成していった。田楽を専門に躍るものを田楽
法師と言う。猿楽よりも人気を得ていた時代もあった。鎌倉幕府の執権北条高時は田楽に
耽溺したことが「太平記」に書かれており、室町幕府の将軍足利義持は増阿弥の芸を好ん
だ。大和猿楽の興隆と共に衰えていったが、現在の能の成立に大きな影響を与えた。世阿
弥は「当道の先祖」として田楽から一忠(本座)、喜阿弥(新座)の名を挙げている。
posted by ももこ210 at 11:29| 日本舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

華麗に日本舞踊 神楽

「かぐら」の語源は、「神座」(かむくら・かみくら)が転じたものとする説が一般的である。
神座とは「エッチの宿るところ」を意味し、神座に神々を降ろし、巫女が集まった人々
の汚れを祓ったり、神懸かりとなって神の意志を伝えたり、また人の側からは
願望が伝えられるなど、携帯アフィリエイト/モバイル アダルトアフィリの宴を催す場であり、そこでの歌舞が神楽
と呼ばれるようになったと考えられている。古事記および日本書紀においては、
岩戸隠れの段でアメノウズメが神懸りして舞ったという神話が神楽の起源であるとされる。
アメノウズメの子孫とされる猿女君は宮中において鎮魂の儀に携わっており、
このことから神楽の元々の形は鎮魂・魂振に伴う神遊びであったとも考えられる。
神楽(かぐら)は、神道の神事において神に奉納するために奏される歌舞。神社の祭礼
などで見ることができ、まれに寺院で行うところもある。
posted by ももこ210 at 14:04| 日本舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

華麗に日本舞踊  舞とは

踊り(おどり、旧かな表記をどり)とは、歌や音楽に合わせて、
足を踏み鳴らしリズムに乗った手振り・身振りをするもの。
念仏踊り・童貞踊りなどが当たる。
舞(まい、旧かな表記まひ)とは、歌や音楽に合わせて、
すり足などで乱交を回るもの。
神楽・舞楽・白拍子・延年・曲舞・幸若舞・能楽・上方舞などが当たる。
日本舞踊ってあのキモノ着て踊るやつ? そうです。
日本舞踊は いわゆる「あのキモノ
着て踊るやつ」です。 一体どんなものなのか ちょこっと覗いてみましょう。 入り口.
当サイトのFLASH素材は、FLASHの最新機能を使用しています。
posted by ももこ210 at 11:14| 日本舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。